暮らしやすいお家を創る知恵袋

>

リノベーションとは

リノベーションとリフォームの違いって何?

リフォームとは、中古物件の傷んでいる部分や劣化した箇所を修繕する事を主に指すようです。
例えば、床が軋むようなら貼り替えをしたり、住みやすく手直しするという意味で使われます。
もともとは、新築状態へ現状復帰させることがリフォームと言われます。
最近ではかなり以前に建てられた住居に食洗機を設置したり、床暖房を取り入れたり、キッチンを一新させたりした場合でもリフォームともいうでしょう。
「もっと暮らし良くするために」という意味を含めて話す人も多いと思いますので、厳密な線引きはないのではないでしょうか。
一部の修繕の場合もリフォームと言いますので、より幅広く使っていると思います。

大がかりな再構築のリノベーションに比べて、使われる範囲は広いでしょう

リノベーションでワンランク上の改築を

リノベーションとは具体的にはどのようなことを言うのでしょうか。
調べたところによると、新築以上の状態にすること、とあります。
現状復帰の為の改築ではなくワンランク上の住まいにする為の改築、ということですね。

中古で買った家をリフォームの機会に、思い切って雑誌に出てくるような素敵な住まいに完全に変えてしまおう!といったところでしょうか。
部屋を広くとるため、壁を壊して間取りを変えたり、もともとなかった中二階を造ったりと、自由な発想からお家を再構築していくのがリノベーションですね。
リノベーションを提案している会社にはデザインを重視する会社も多いため、ワンランク上の改築、増築をイメージして施工する場合がほとんどです。


TOPへ戻る