リフォームを検討すべき条件・タイミング

暮らしやすいお家を創る知恵袋

リフォームでお家をもう一度生き返らせる!必見サイト

結婚と同時にお家を買う方も多いと思います。 その際、自分たちが住みやすくするために、リフォームをすることもあるでしょう。 また、ライフスタイルが大きく変わった時、たとえば両親と同居することになったり、子供が一人暮らしを始めた、などのタイミングでリフォームを考える事もあります。

人生の様々なタイミングに合わせたリフォーム

私たちが暮らす住居は、いつまでも新しいままではありませんね。
戸建だったりマンションだったり、お住まいはそれぞれ違っていても、経年劣化していく事に変わりはありません。
中古で買った物件の場合、特にリフォームは最初から関わってくる問題です。
ちょっとした故障ならすぐ手直しできますが、大きな修繕となると大規模リフォームしなくてはならないタイミングもやってきます。

まず、家族の暮らし方が変わった時。
各ページで書いていますが、結婚と同時や子供が産まれて買った家は、家族の為の間取りになっているはずです。
主寝室、子供部屋が二つほど、リビング、ダイニング、キッチンなどが一般的ですね。
また、会社の通勤に便利だからと、広めの一人暮らしに買ったマンションに結婚してしばらく住む事もあるでしょう。
張り切って余裕をもった間取りで建てた新築も、子供たちが巣立った後使わない部屋が余ってしまいます。
ご両親との同居が始まった時も色々と手直しは必要になりますね。

安全面を見ていきましょう。
見た目はそれほど古くは見えなくても、建ててから時間が経っているとやはりダメージを受けているものです。
シロアリ駆除をおろそかにしてしまい、気付いた時には基礎を食われてしまっていることもあります。
それから、耐震の基準は建築時期によって大きく変わっていることも。
強度的に心配なようなら、専門業者に相談してみてくださいね。
思わぬ落とし穴が見つかるかもしれません。

リフォーム以上に大掛かりな建て直しをするのがリノベーション。
厳密な線引きはないものの、デザインと安全性、そして快適さを追求した改築方法が今は人気です。

どんな時期にどのようなリフォームが必要なのか。
一緒に考えていきましょう。

免震や躯体の経年劣化

新築の家も何十年も経てばそれなりに傷んできます。 中古物件を購入して住んでいる場合は、より早く劣化してきますね。 簡単に自分で修繕できる場合もあるでしょうし、リフォーム業者に頼んで本格的に改築しなくてはならないことも。 また、昔の建築の基準で建てられた物件が現状と見合わない、ということもあります。

リノベーションとは

今巷で流行中のリノベーション。 ここ何年かで本当によく耳にするようになりましたね。 リフォームと同じだと思っている方も、実は多いようです。 中古物件を改築して住むことに変わりはないのですが、リノベーションとリフォーム、一体どのように違うのでしょうか。

TOPへ戻る